トップ  |  この記事へのコメント  |  サイトマップ  |  コンタクト  |  ログイン  | 
     ネットワークオーディオ
1. ネットワークオーディオって?
2. LANの基礎知識
3. ハードウェアとソフトウェア
4. 構成例#1・PCなしでもOK
5. 構成例#2・PCを活用しよう
<他のセクション>
はじめに読んでください» 
ホンの基礎知識» 
何が必要ですか?» 
構成例・予算例(2ch)» 
チャレンジ2ch 3-way» 
チャレンジ2ch 4-way» 
チャレンジ5chマルチ» 
PCオーディオ» 
* ネットワークオーディオ 
メンテナンスメモ(準備中) 
試聴しますか?» 
あとがき» 
 - ネットワークオーディオ -
ネットワークオーディオって?
音楽はネットワークからやってくる
マルチアンプシステムとの関係は?
導入メリットを検討しましょう
まとめ - その魅力と問題点
   
このページはラブラドールレトリバー犬soopooが書きました。

本セクションは「ネットワークオーディオって何? マルチアンプシステムとどういう関係?」と日ごろ思っているオーディオファンのためのページです。

家庭内や組織内に構築されたコンピュータネットワーク(LAN)上の記憶装置(NASやファイルサーバ)に置かれている音源ファイルを手元のオーディオ装置で再生して楽しむのがネットワークオーディオです。たとえば1階のファイルサーバに置かれたハイレゾ音源を2階のリスニングルームで楽しむことがそれで、またそのためのシステム構築を楽しむこともネットワークオーディオと呼べるでしょう。

音楽はネットワークからやってくる 
ネットワークオーディオ - ネットワークオーディオって? 
   
- ネットワークオーディオって? -

あなたは自宅でコンピュータネットワークを利用していますか?

これは「LANはありますか」という質問と同じです。そんなものはない? でも、インターネットは利用できますよね。インターネットはコンピュータネットワークを利用するので、あなたの認識は別にして、あなたの家にはすでにLANと呼べるものが存在しています。つまり、あなたのオーディオシステムをネットワークに対応させることは、じつはとても簡単です。あなたがウェブを巡回してYouTubeのビデオ作品を見たり、インターネットラジオと呼ばれるサービスでMP3音源を聴いているなら、それはすでにネットワークオーディオの一部です。

ネットワークオーディオは「コンピュータネットワーク上に置いた音源ファイルをみんなで利用し、そのさい楽曲の関連情報も併せて参照する」ことを目的にしていますが、コンピュータネットワークはLANだけではありません。世界中のLANを接続するネットワーク、つまりインターネット(The Internet)もそうです。実際、そこでは楽曲ファイルダウンロードサービスやストリーミングサービスが展開されています。当然、これらもあなたのマルチアンプシステムの音源入手先にすることができます。

      オーディオシステムをスマホ等で操作することも

ネットワークオーディオシステムを構築し、同じLANにスマートフォンやタブレットPCをワイヤレス接続できるようにすれば、それらのデバイスからあなたのオーディオシステムを操作できるようになります。たとえば、広い部屋の隅に設置されたマルチアンプシステムから楽曲の再生を行うとき、あなたは自分のリスニングポイントに座ったままスマートフォン等からそれを実行できます。

      複数ユーザ/複数システムだと便利です!!
   

右の図はネットワークオーディオシステムの一般的な構成例です。LANをこのように構成するなら、同じLAN上に新たなネットワークプレーヤーやオーディオシステムを次々に追加することで、あなた以外の人もNAS等にある音源を同様に楽しむことができます。1Fのリスニングルームと2Fの寝室との異なるオーディオシステムから同じ音源にアクセスすることができます。オーディオファンが多い場合は本当に便利です。Aさんがブランデンブルグ協奏曲を楽しんでいる同じ瞬間にBさんは別室でビートルズを楽しめるのです。小規模LANでも(理論上は)200組以上のオーディオシステムを接続することができます。

あなたの家にオーディオシステムが何組もあるなら、ネットワークオーディオシステムの構築を検討してはどうでしょう。NASやPCサーバに集中させた音源ファイルをみんなで共有できます。PCが不要になる運用法もあります。

マルチアンプシステムとの関係は? 
ネットワークオーディオ - ネットワークオーディオって? 

ネットワークオーディオシステムとマルチアンプシステムとの間に特別な関係は何もありません。単に入力システムと出力システムの関係があるだけです。マルチシステムから見たとき、ネットワークシステムは単に音源入力システムの一つに過ぎません。CDプレーヤーからマルチシステムに入力を行うのと同じように、ネットワークプレーヤーまたはPCシステムからあなたのマルチシステムに入力を行うだけです。

      賢い選択をしよう

ただし、既存のマルチアンプシステムをネットワークオーディオに対応させる場合は機器の選択について「無駄な買い物をしない」ための注意が必要です。たとえば、近年は「ネットワークレシーバー」と呼ばれる製品分類があり、これはネットワークプレーヤーに出力システム(パワーアンプ)を内蔵させたものですが、この出力システムは無駄ですね。

また、DACDDCを内蔵したネットワークプレーヤーもありますが、これはオーディオ初心者には便利でも、DAC/DDCの単体製品を持っているあなたにはやはり無駄な機能になるかもしれません。そもそもネットワークプレーヤーそのものがネットワークオーディオに必須というわけではありません。

導入メリットを検討しましょう 
ネットワークオーディオ - ネットワークオーディオって? 
   
- LANでオーディオ -

LAN内に複数ユーザがいて、複数のオーディオシステムがある場合はネットワークオーディオシステムはじつに便利です。でも、オーディオシステムが一組だけで利用者も一人だけであれば、それを構築することに積極的な意味はないという意見があります。そんな場合はPCオーディオの方がむしろ賢明だというのです。

 
Gのコメント
オーディオ趣味の人が何人もいる家庭はあまり聞かないね。オーディオ老人の多くは孤独だ。すると、ネットワークオーディオ環境を作ってもただ面倒が増えるだけかもしれない。

 
soopooのコメント
一人だとしても、楽曲の選択や再生をスマートフォンやタブレットから実行できるのは便利ですよね。家族が熱心なオーディオファンでなくても、たとえば、応接間にBGM用の小型システムを置き、リスニングルームにNASとマルチアンプシステムを、2F個室にも小型システムを、というようなLANにすれば音源が1ヵ所で済んでとても便利ですし、家族にも喜ばれるかも。

あなたはどうしますか? ネットワークがうまく機能しない場合など、面倒が増えるのは確かなんです。

      ネットワークオーディオは音がいい?

「ネットワークオーディオにしたら音が激変した」などという体験記事がインターネット等にあります。気になりませんか? 本当のところはどうなのでしょうか。

 
Gのコメント
「激変した」というのが「音が悪くなった」という意味なら、そんなこともあるだろう。セットアップに問題があるのさ。
「良くなった」というのなら、多くは「そんな気がした」というだけのことだ。いつものことだ。人の主観ほどあてにならないものはない。

ネットワークは単にデジタルデータの伝送システムで、それが正常に機能しているならそこで音が良くなったり悪くなったりすることはない。デジタル伝送というのは実に簡単な仕組みで、伝送エラーは安価な製品でも滅多に起きない。

関連して、高価なネットワークプレーヤーを使わなければ、あるいは「オーディオ専用」と銘打ったハブやケーブルを使わなければ満足な音は出せないなどというのもデジタル技術への無理解から来ていると思う。何度言っても分からない御仁が多いようだ。

ネットワークオーディオにまつわる心配事を少なくしたいなら、PCM音源の場合に限られるが、ネットワークプレーヤーやPC等からオーディオシステムへはデジタル入力にしてほしいね。そうすれば、音の是非はあなたの現在のオーディオシステムが決定することになる。ネットワークプレーヤー等はそれに関与できない。

そのとき、ネットワークプレーヤーは単にデジタルデータをオーディオシステムに手渡すだけで、再生音質に影響が及ぶようなことは何も行わない。100万円のオーディオープレーヤーでも3万円のものでも、手渡されるデジタルデータは同じものだからね。一方でネットワークプレーヤーのアナログ出力についてはDACが介在するので、聞き分けられるかどうかは別にして機器固有の音はあるだろう。

「ネットワークオーディオならではのすばらしい音」を期待するのは的外れだということですね。「いい音」のオーディオシステムを先に構築し、そこでネットワークシステムによる付加価値を見つけようということのようです。

まとめ - その魅力と問題点 
ネットワークオーディオ - ネットワークオーディオって? 

ネットワークオーディオの魅力と問題点についてまとめておきましょう。

      ネットワークオーディオの魅力

これについては端的に、音源や音源ライブラリをコンピュータネットワーク上で管理でき、みんなでそれらを共有できるということになります。「離れた場所から音源を利用できる」や「大量音源の集中管理やバックアップが容易」、「PCなしでもデジタルオーディオを楽しめる」、「ワイヤレス(WiFi)でも利用できる」など、その他の魅力はそこから派生して生まれるものです。

      そして問題点

ネットワークオーディオには以下のような問題点があります。

前のページ(PCオーディオ - PCオーディオ活用法) | 次のページ(LANの基礎知識) ネットワークオーディオ
Copyright(C) 2018-2020 S&G Hermitage.  All rights reserved.